ご挨拶

FXスクール・インベストメントレシオのホームページへご来訪いただき、ありがとうございます。私たちは、受講生一人ひとりが、安心と楽しみを感じながら、勝ち取引、利益を実感できる、健全なFXの学校を目指し運営しております。

本ページには、当FXスクールのたくさんの想いを、綴らせていただきました。拙い文章ではございますが、ぜひご熟読いただけると幸いでございますし、FXという投資の世界で夢を掴みたいと想われる方々の、切実な想いを叶えるべく、これからも精進して参ります。

ご挨拶(代表取締役)

「投資家の育成と共に、更なる環境向上」を目的とし2007年、国内初のFXスクールとしてインベストメントレシオが開校し、関東財務局より投資助言業を受けるに至りました。そのため私たちは受講生さま一人ひとりが安心と楽しみを感じながら、勝ち取引や利益の実感ができる健全なFX学校を目指し、法令順守にも注力しています。
FXという投資の世界で夢を掴みたいとお考えの方は多数いらっしゃる中、未だギャンブルとの情報が多く広まる時代背景は不本意でもありますが、しかし、「トレーダーは仕事として」日夜トレードに励み、生計を立てるばかりか大きな夢を追うFXトレーダーが多く在籍しているのがインベストメントレシオです。
皆さまには是非とも「稼ぎ続けるトレーダー」を目標としていただきたく、これからも、皆さまの切実な思いを叶えるFXスクール創りに精進して参ります。

ご挨拶(創始者・代表講師)

投資どころか海外の旅行経験も無く、円安と円高も分からない・・
そんな超ド素人の私が、FXの世界に入った理由は2つ。

毎日のようにモヤシを買って生活費を切り詰めても思う様に増えない通帳の金額に加えて、年金の低さを知りお金に対する不安ばかりの生活を送っていた事。
2つめは 「 医者からの、突然のウツ病宣告 」 体のシビレや平衡感覚の乱れがひどくなりヒキコモリ状態、自殺願望を持ちながらも母代わりだった祖母を悲しませたくない気持ちだけが、自分自身の苦しみを増やしていった事。

そんな2つが重なって、絶望だけか押し寄せていた時とある勧めから、奇跡のように出逢ったFX。
「ヒキコモリの私でも・・・わずかな貯金しか持っていない私でも・・・」
「もしかしたら笑顔になれる日が来るかもしれない」

FXに、たったひとつの、わずかな希望を想えたから・・・
私の人生の最後に、1回だけ、全力で頑張ってみようという勇気を持つ事が出来ました。

すべてが初めてで、勉強をしようにも情報すら全くなかった時代がゆえに手探りながらも常に情報を探しながらのトレード生活。
その中には、高額を手にした超ハッピーなセレブ経験だけではなく、実はすごく軽微で安易すぎるミスから借金まみれに陥って、誰の助けも得られなかった地獄のような時期も、当然ありました。

だけど常にどんな障害にも戦いつづけトレード成績を向上させつつ加速させると同時に、たとえ未来、私にスランプが訪れたとしても稼ぎ続けて行けるように・・・

苦心に苦心を重ねた先、2度目の奇跡として生み出せたのが私のオリジナル手法であり、過去に抱いていたお金の不安はすべてFXで解消できました。
だけど・・・自然と笑顔になっている自分に気付いた事が、当時の私にはなによりも大きな成果だと想っていました。

ところが、旅行や買物等でいくら散財をしても、心の底が渇いたような充実感を得らない時期が不思議と増えていきました。ある日ふと気付いたのは、トレーダーは相場と戦うべきなのに、心の底には強い孤独がありそれこそが最大の戦いだと知った事。

この後、見つけた心の救いになったのが ” 人の笑顔を見た瞬間 ” であり、自然と笑顔になっていた自分にも気づきました。

「私の生み出した手法を使って、たくさんの笑顔を創りたい!」
「 それら笑顔をそばで見続けながら、私自身の投資人生に活力として繋げていきたい!」
この想いからスクール創設に至り、あらたな私の人生が始まりました。

そして「人の笑顔を増やす為には、利益を実感して貰う必要がある。」
「敗退者を出すリスクの高い教え方は、本当の学校とは言えない。」
ここから、投資家の年間生存率90%敗退を逆転させるべく「 投資の比率 」という意味を込めてスクール名称にしました。
勿論、なんの努力もしないで成果が出る事はありません、だけど間違いなく、目的への超時短ができるはずです。

誇れる学歴も無くて、綺麗な言葉使いもできない、そんな私だけど。
「 FXや笑顔へのコダワリ 」だけは、だれにも負けない位に、強い自信がある。

「 人の笑顔を創りながら、私自身も笑顔の人生を歩む。」
トレーダー達のあらゆるリスクを回避ひいては笑顔を増やしていく事を、私流のトレーダー人生の第2挑戦として・・・
“血のかよった人間らしく” いながら、生徒さんの「心」を「彩る」人間で居続けたいと想っています。